トップページ | 2006年6月 »

2006/05/22

勇気

全てが思い通りになっていたなら
幸せを感じられた?


落ち込む 時間
悩む 時間


それは 小さな勇気を
大切に育てる時間なんだって教えてもらった


今は勇気を育ててみよう


過去を乗り越える 勇気を


それが
今のボクが歩く道


大切に育てたなら
いつか はばたく時が来る


きっと 大丈夫


思い通りに行かない人生を
楽しんでみようよ

| | コメント (0)

2006/05/18

臆病者

キミの記憶は
いつだってボクを苦しめる


ボクは臆病になった


そう
あの日から


ボクはいつだって
キミのせいにしてた


だって 


そのほうが楽なんだ


本当は


ずっと 


キミと出逢う ずっと前から


臆病だったのに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/16

ワガママな心

いい加減な態度が
優しいキミを傷つける


3つも年下のキミを
優しいふりして 傷つける


飲みに ついてくるキミだけど
ほんとは お酒飲めないの 知ってるよ


他の男と話せば 嫉妬する
ふてくされたキミの つぶやき


こんなボクを 彼女にしたいと
無邪気な顔して 言わないで


冗談で交わすボクに
また ふてくされるキミが かわいくて


答えをだせない ボクがいた


だけど やっぱりダメなんだ 


これは恋じゃない


ボクには


キミに飛び込む勇気なんて
これっぽっちも ない


飛び込みたいのは
たぶん きっと キミじゃない


キミの最後の言葉が
切なくて


キミの最後の優しさが
苦しかった


ずっと ずっと


友達でいたかった・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明日へ向かって

弱さを認め
優しくなれ


傷を負って
強くなれ


女らしく たくましく
凛とした表情で 前を見据える


大丈夫


怖くない


輝く明日を


いつか 必ず
ボクの手に

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/12

渡せない手紙

母の日に
渡せない手紙だから、こんなトコへ書いてみる


*・*  お母さんへ *・*

いつも泣かない強い人
だからアタシも 泣かないんだ


でも、たった1度だけ 一緒に泣いた日があったよね


あれは6年前
おばあちゃんの お葬式の日


おばあちゃん子だった アタシは
片時もおばあちゃんから離れずに 泣いていた


そんな時
そっと隣りに座って 一緒に泣いてくれた


お母さん アタシのハンカチで鼻噛むんだもん
やめてよね(笑


思わず2人で 泣きながら笑っちゃったこと 
今でも覚えてる



早く結婚しなさいって うるさかったお母さんが
最近何も言わなくなったね


知ってるよ


彼と別れて ボロボロに痩せ細ったアタシを見た
あの日から 言わなくなったってこと


何も食べないアタシへ 
何も言わない優しさが


アタシには ちゃんと伝わってる



別れたこと、いちいち報告なんてしてないけど
一緒にいれば、親子だからわかるよね



アタシは 大丈夫


でも


アタシが結婚した友達と 話が合わなくなってるように

孫が出来た母親達との会話 合わなくなってない?



寂しい思い していない?


それだけが心配です



本当 親不孝で ごめん

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/09

5月の・・・

キミと別れて 
もう2年になるんだね


キミがボクの恋人になった 5月
今年もまた ボクは1人だ


毎日TELをくれたキミが
当たり前になってた あの頃のボク


今は


ボクの知らない キミがいて
キミの知らない ボクがいる


1人で歩くコトに
慣れてきたボクがいて


強がって 笑ってる ボクがいる


未練なんてないけど
5月は いつもより傷跡が痛むんだ


キミと会う前はね
いろんな人と 恋してたんだよ


キミを本気で好きになって
幸せだった


でも


臆病になっちゃったみたいだよ
誰とも恋愛できないんだ


今ボクは また変わろうとしてる


いつか またキミに会ったなら
とびきりの笑顔をみせてあげる


恋してるボクの顔 
みせてあげる


そんな顔できる日が
いつか 来ればいい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/08

挫折

キミと別れて 
1人になった


キミの変わりに
夢を見つけた


なんだってできる


怖いものなんて 何もない
失うものなんて 何もない


そんな自分に酔いしれた



全てを失う

あの日まで



今はもう

笑い飛ばすボクがいる



少しだけ

強くなったボクがいる

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/07

葛藤

心が叫ぶ



貴方に甘えてみたい
1人はもう嫌だ



でもボクは



寂しさを埋めてくれる 
誰かと歩くより


必要だと思える誰かと 
歩く道を 選びたい



強がってるよ
わかってる



手が届きそうなトコロに
みんなとの距離
縮める何かがあるかもしれない



手放したら
もう二度と手に入らないかもしれない



でもね



笑顔で歩く道



それは きっと
貴方と歩く道じゃない



そんな気がした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつも笑顔で歩く道

幸せって何?

キミは今幸せ?

その心の奥には

何がある?



今日教えてもらったんだ

ボクの幸せ

いつも笑顔で歩く道

それが答えだと



あの日 ボクは誓った

いつも笑顔でいようって



偽りの笑顔を

本当の笑顔に変えていこう



それがボクの幸せ



それがボクの歩く道

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/06

忘れられない

忘れられないのは

キミと出逢った 事実


耳元でキミがささやく


心地いい 低い声で

甘く 

やさしく

愛を ささやく



でも



本当に忘れられないのは


キミじゃない


忘れられないのは

最後の真実

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/05

いつか きっと

ボクの ちぃさな幸せ


いつも笑って歩く道


手に入れたら

ボクは もっと欲張りになった


いっぱい手にしたら

失うのが怖くなった


失ったら

また ちぃさな幸せ 求めてた


また取りもどそう


いつか きっと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キミへの手紙

まだ18歳のキミと

だ~~いぶ年上で年齢も言えない臆病なボク(笑)が 

出逢えた奇跡

ネットだからこそ 知り合えた
キミは ボクの大切な友達

素直なキミが キラキラ輝いて見える


「いつか笑顔にしてあげるから」


見えない場所にいるキミの
その言葉で 傷が癒える

本当のコト 教えてあげる


ボクにとって キミは憧れの人


キミが幸せな 恋をする日

そんな日が来るのをね
ほんとに楽しみにしてるんだ

キミのコト 
大好きになってくれるといいな

キミのいいトコ 
いっぱい知ってほしいな


でもね・・ 気付いてる?


そんな日が来るのをね
ちょっとだけ さみしいって思っちゃうんだ

アタシのワガママなんだけどw

いつまでも このままでいられるわけじゃない

わかってるから

今日を大事にしていこう


ずっと ボクの憧れの人でいて
そんなキミが 大好きだから


遠く離れた場所にいても
明日も 一緒に がんばろう


                     from RIO 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひとつぶの涙

「泣きたい日はね

涙を拭かないほーがいいんだよ

そーすれば 目が腫れないんだ」

1人でこっそり泣くアタシに
誰かが そっと教えてくれた

アタシの目が腫れてたコト 気づいたのかな

きれいになんて 泣けないよ
だってボクは女優じゃないから

昔はあんなに 泣き虫だったのに

いつの間にか 我慢することを覚えたね

人前で 笑いとばすコトを覚えたね

そして・・

いつの間にか 素直に泣けなくなったんだ

親の前でも 

友達の前でさえも



こんなボクだけど
1人で泣く場所が ちゃんとある

ウソの涙なんて 流せない

今が偽りの笑顔だとしても

一粒の涙に ウソはない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キミは誰?

誰かを愛したい

そんなふーに思うのに

本気で好きになるのが怖いんだ

踏み込みたくない ボクがいる

情けないけど

自分の本音もわからない 

ただボクには キミが必要

キミは誰?

好きになることって

こんなにも勇気のいる事だった?

ねぇ

あの日のボクなら

きっと飛び込んでいったよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笑顔

笑顔を絶やさずに
生きてくことってむずかしいね

どんなに心が乱れても
どんなに心が泣いてても

平常心を装って
笑顔で心を隠す毎日

大人になってやっとわかった
辛いことに慣れる日はやってこない

ただ平常心装うのがウマくなってくだけなんだ

でも泣いてる心は いつか優しさへと変化する
きっと新しい自分と出会える

顔で笑って 心は泣いて・・

だって これは仕事だから
だって アタシはプロだから

病気と闘ってる患者さんに
沈んだ顔なんて 見せらんない

アタシの悩みなんて
みんなと比べたら ちっぽけだから

どんなにわがまま言われたって
どんなに辛いことがあった日だって

絶対に笑ってみせる

負けたりなんかしない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弱虫

がんばろうって決めたのに
アタシの心が 時折ざわつく


誰かの腕につつまれて
こどものように眠りたい

何も考えずに眠れたら・・

でも誰でもいいわけじゃない

ほんとはね 
さみしくてたまんないんだ

強くなるって決めたのに
弱虫なアタシが顔をだす

誰かが頭をなでてくれる
そんな日をね 


1人で待ってるだけなんだ

がんばったねって
誰かに優しい言葉をかけてほしくて

強いふりをする

強くなりたくて、
強くなったふりをする

でもココロがね
ほんとは違うんだって叫んでる

それでもアタシは
ひとりでも平気だよって

自分に言い聞かせるように

ウソをつく・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年6月 »