« 道 | トップページ | スパイラル »

2006/07/09

キミとボク

キミの瞳から こぼれた涙


大粒の涙は やがて
キレイな真珠へと姿を変えた


ボクはその真珠を大切にしまう


そしていつかキミに、真珠を贈るんだ
その真珠でキミが輝けるように


真珠を身につけた キミは  
幸せな顔して ボクに微笑む


笑顔を見届けた真珠は

夜空へと舞いあがり

辺りを照らす光となる


すべては空想の世界
すべては夢物語


それでも

いつかキミの涙は変化する


真珠のような輝きはなくても
優しさという名の強さへと


まだ見ぬ暗闇を 歩いていけるように
道を照らす光となる


キミ それは 
未来の ボクの姿


ボクは いつかキミに 会えますか?


幸せな顔をして 微笑むキミに・・


ボクは キミに会いたい

|

« 道 | トップページ | スパイラル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96763/2565974

この記事へのトラックバック一覧です: キミとボク:

« 道 | トップページ | スパイラル »